ピアラがNFT事業参入 “著作ビジネスの幅を広げるNFTモール”がサイバースターに近日オープン予定

株式会社ピアラ

ブロックチェーンに1点モノの価値と契約書を同時に刻み、保有だけでなく著作権譲渡の証明も可能に

⠀株式会社ピアラ(本社:東京都渋谷区、代表:飛鳥貴雄、以下「当社」)は、各種ITサービスの組み合わせにより、あらゆるアーティストビジネスをオンラインで展開できる次世代型プラットフォーム「サイバースター」に、アーティストのデジタルコンテンツをNFTとして発行し売買することができる、NFTモールのオープンを予定しておりますことをお知らせします。

■アーティストのデジタルコンテンツをNFTに 「1点モノの価値」の創出を

NFTとは「非代替性トークン」であり、デジタル化された創作物に対して、唯一の署名をつけることで、その出自や保有を証明するものです。デジタルデータというと、取得や複製などが容易にできてしまうことから、オリジナルデータとコピーの区別がつかず、固有の価値や唯一性が認められにくい、資産価値があるとみなされにくいという問題がありましたが、NFT化することでオリジナルのデータであることの証明が可能となりました。これにより第三者から価値が確立されることはもちろん、希少なモノを所有しているという実感を得ることができます。

■保有だけでなく、著作権譲渡の証明も 1次流通・2次流通に対応のマーケットプレイス
⠀「サイバースター」は、ギフティングやリワード(お礼)機能を兼ね備えたライブ配信をはじめ、電子チケットの販売、顧客データを収集・分析してサービスの最適化や新規顧客の開発を行うデータマーケティング機能、コンテンツや物販などのEC、それらの受注から配送までを担うフルフィルメント、オリジナル商品の企画から製造、ファンクラブ運営など、エンターテインメントのDX化を加速させるサービスを網羅し、あらゆるアーティストビジネスをオンラインで展開できるエンタメプラットフォームです。

⠀今回オープン予定のNFTモールは、サイバースターに登録したアーティスト※1の、動画、音楽、画像等のデジタルコンテンツをNFT化(NFT化の手数料は無料)し、売買を行うことのできるマーケットプレイスであることから、コンテンツの買い手は、“偽物・コピーではないオリジナルのデータを保有していること”を証明できます。さらに当社のNFTモールは、アーティストが買い手に対し付与した権利や、コンテンツの利用範囲※2も電子契約書としてブロックチェーンに刻むことができます。例えばアーティストが買い手に対して、コンテンツの著作権を含めて譲渡する場合、コンテンツの保有のみならず著作権譲渡に関する情報もブロックチェーンに刻まれた契約書にて証明が可能になることから、著作ビジネスにおいても幅を広げていけると考えています。

⠀売買の形式については、オークションまたは固定価格の2種類から選択でき、同じコンテンツを複製しNFT化し、それぞれに付与する権利等の内容を変えて出品するような利用もできること、また1次流通に限らず、モール内でアーティストがコンテンツを出品し、ユーザーに最初に購入された後に、ユーザー同士が自由に売買を行うことができる2次流通にも対応しています。2次流通以降は、購入されるごとに、アーティストに決まった収益還元を行うことを前提としているため、従来のようにアーティストに還元されず、2次的な販売を行う売り手だけが利益を得るというメリットの無い売買が無くなり、アーティストが収益を確立できるスキームとなっています。

⠀サイバースター登録アーティストやユーザーは、身分証を登録することで手軽に利用することができ、アーティストがNFTの保有者を証明し明確化することで、取引の健全化と安全性を担保します。
⠀さらにサイバースターの持つガチャ機能もNFTと連携していることから、ガチャでランダムに決まるコンテンツとしても設定が行えるなど、汎用性が大きいことも当モールの強みとなっています。

サービスフロー
⠀加えて、当モールに利用するブロックチェーンシステムは、イーサリアム※3ブロックチェーンのトークン規格であるERC21準拠のシステムをオリジナルで構築しているため、NFT化するための手数料はかからず、プラットフォームの利用手数料のみでご利用いただけます。※4

⠀当社は、アーティストの作品発表の場を増やし、活躍の機会を創出するとともにこれまで以上に収益化を促進し、新たなコンテンツビジネスとして、確固とした収益基盤を設けてまいります。今後はアーティストのみならず、スポーツビジネスなどでの利用や、当モール以外での2次流通についてもアーティストが正当な収益還元を受けられるような環境の構築を検討しており、サイバースターでのポータルサイトの構築も進めてまいります。

※1 サイバースター未登録でも、本人確認手続きを取ることで、NFTマーケットへのデジタルコンテンツ出品が可能
※2 アーティストが買い手に対し、どこまでの権利を付与するかは、自由に設定が可能
※3 イーサという仮想通貨を利用するプラットフォーム
※4 コンテンツの販売額に応じて手数料が発生します。

⠀当社では知的財産権(IP)のNFT化およびNFTモールへのデジタルコンテンツ出店をご検討されている著作者を募集しております。

【株式会社ピアラ 会社概要】
商号    : 株式会社ピアラ
代表者   : 代表取締役社長 飛鳥 貴雄
所在地   : 〒150-6013 東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー 13階
設立    : 2004年3月
事業内容  : 1.ECマーケティングテック事業 2.広告マーケティング事業
資本金   : 849百万円(2021年3月末)
証券コード : 東京証券取引所市場第一部7044
関連会社  : 比智(杭州)商貿有限公司 、 PIATEC(Thailand)Co., Ltd. 、
       株式会社PIALab. 、 台灣比智商貿股份有限公司 、
       CHANNEL J(THAILAND)Co., Ltd. 、 PG-Trading(Vietnam)Co., Ltd.
       株式会社ピアラベンチャーズ
URL    : https://www.piala.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ