話題のバーチャルヒューマンがミランファッションウィークにARで登場!NFTのリリース発表

NOBORDERZ

近未来のバーチャルファッションショーが実現

NOBORDER.z FZE(ノーボーダーズ、以下:NOBORDER.z)(代表:RIO TAKESHI KUBO)が開発するバーチャルヒューマン「KANON」が、9月22日にミランファッションウィークにて開催されたユニコーンファッションアワードにおいて、ARスマートグラスによるバーチャルファッションショーに出演した。

XANA KANON virtual human
NOBORDER.zは同社の開発する仮想空間「XANA(ザナ)」の技術を用いて、ヴァーチャルヒューマン「KANON(カノン)」を製作。スマートグラスを観客が着用することよって、何もない空間にバーチャルヒューマンモデルが登場しウォーキングやポージングをするという世界最先端の演出をミラノ中央駅付近の特設会場にて披露し、現地の大きな注目を集めた。 

また、同社は本イベントにおける日本側の事務局及び総合プロデュースを担当した一般社団法人パーソナルスタイリスト協会(代表:五十嵐かほる)と共に2022年度のミランファッションウィークにおけるバーチャルヒューマンによる新たなショーのトレイラーを同日現地で発表した。

NOBORDER.zは同社の開発するメタバース対応型NFTマーケットプレイス「XANALIA(ザナリア)」において、KANONによる今回のショーをモチーフにしたNFTを10月にリリースすることを発表。バーチャルヒューマン、メタバース、NFTという新しい技術のクロスオーバーに挑む。

ユニコーンファッションアワードについて

ミラノコレクションの開催団体である国立イタリアファッション評議会(CMNI)後援による、ミランファッションウィークにて開催されるU35のファッションコンテスト。多様性を目指し、LGBTQやハンディキャップがある人も分け隔てなくモデルとして参加するという新しい試みを推進している。

パーソナルスタイリスト協会について

「誰にでも得られるファッションのHAPPY力を、もっともっと多くの人たちに」というコンセプトのもと教育(講座)、制度(検定)、サービス(app)を通じて、『パーソナルスタイリストという職業の認知を進め広める』と共に、『事業と個人(スタイリスト)の繋がりに協力する』事を目的とする一般社団法人。また、UFAの日本事務局を務める。

XANALIA(ザナリア)について

XANALIA NFT Market place
XANALIA(ザナリア)は、7月には世界取引高ランキング8位にランクイン、日本で『期待のNFTマーケットプレイス第1位』を獲得するなど、現在世界的に注目を集めるNFTマーケットプレイス。NOBORDER.zが開発、XANALIA Limitedが運営を行う。ブロックチェーン市場において現在最も成長分野のNFTと、メタバースとの連動性、加えてDeFi(分散型金融)モデルを特徴とし、2021年3月7日のローンチ後、わずか1ヶ月で希薄化後潜在時価総額が14 億ドル(約1650 億円)を超えた。

現在、株式会社ポニーキャニオンプランニング、株式会社フジランド、株式会社フジクリエイティブコーポレーションと共に、世界のクリエイターを発掘支援するための『XANALIA NFTART AWARDS 2021』を開催している。

XANA(ザナ)について

XANA NFT METAVERSE
NOBORDER.zが開発する、全ての資産がブロックチェーン上のNFTで作られるメタバース(ヴァーチャル仮想空間ソーシャルメディアプラットフォーム)。ユーザー同士がアバターとなって自分を着飾り、自由に交流しながら、他のユーザーや企業が展開する様々なヴァーチャルコンテンツを楽しむことができる。
東京都江東区によるオリンピック、パラリンピックのための美術展、世界的なDJイベント、Eスポーツ大会など様々な企業、団体にも活用されている。

NOBORDER.zについて

「国境のない世界を」というヴィジョンを掲げ、米国ニューヨークとドバイを中心とした世界5カ国に事業を展開する次世代型エンターテイメントテクノロジーカンパニー。ブロックチェーン技術に基づいたメタバース、NFTプラットフォームなどエンターテイメントとテクノロジーを融合させた事業を行う。

企業概要

お問合せ先


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ