【Aerial Partners】事業者向け暗号資産会計システムの『Aerial Data Management』への名称変更、及び企業サイト刷新のお知らせ

株式会社Aerial Partners

アセットのデジタル化による価値革命を支えるインフラを提供

株式会社Aerial Partners(本社:東京都港区 代表取締役:沼澤健人 以下、「当社」)は、暗号資産交換業者等のブロックチェーン事業者を中心に提供している、デジタルアセットのデータ管理、財務・管理会計システムである『Gtaxエンタープライズ版』のサービス名を改め、『Aerial Data Management』へと変更いたしました。また、提供事業者の範囲を証券・FX等の金融事業者にも広げ、これと合わせて企業サイトを一新いたしましたことをお知らせいたします。

サービス名変更及び企業サイト刷新の背景

■事業者向けの暗号資産会計システムのサービス名称変更について
これまで当社では、暗号資産(仮想通貨)取引を行う個人投資家向けに暗号資産の損益計算サービス『Gtax』を提供してきました。また、記帳をはじめとする財務報告や、資金決済に関する法律(以下、資金決済法)・金融商品取引法(以下、金商法)上の法定帳簿作成、経営管理データのリアルタイム把握等のニーズがあるブロックチェーンサービスの開発企業や暗号資産交換業者に対しては、より高機能な『Gtaxエンタープライズ版』を提供してきました。

2021年現在において、NFTマーケットの盛り上がりや、暗号資産交換業者の金融商品取引法ライセンス取得等の背景を受けて『Gtaxエンタープライズ版』の利用企業が増える中で、提供する機能や担う役割が広がっていることから、この度事業者向けの『Gtaxエンタープライズ版』の名称を『Aerial Data Management』に変更することとなりました。

なお、個人投資家や暗号資産のトレーディング・利用を行っている企業向けに提供している『Gtax』については名称変更をせず、引き続きサービス提供いたします。

■企業サイトの刷新について
当社は創業時より、個人の暗号資産投資家の確定申告をサポートするプロダクトを主力事業としてきました。

近年では、暗号資産を中心とするデジタルアセットと、それを支える技術であるブロックチェーンが社会に浸透する中で、事業者のデジタルアセットにまつわるデータ管理や、それに紐づくバックオフィス業務の煩雑性が課題として顕在化してきており、その課題に対して『Aerial Data Management(旧Gtaxエンタープライズ版)』を提供し、バックオフィス業務を効率化することで事業者が本業に集中できる環境づくりを行ってきました。

現在『Aerial Data Management』は、分散する大量のデータの管理・財務会計・経営管理の効率化を達成できることに加え、各種法定帳簿の作成や規制対応等を支援できることが評価を受け、資金決済法・金商法のライセンスを取得している暗号資産交換業者において利用が広がっている他、DappsやNFTの領域における国内のリーダー企業に続々とご導入いただけるプロダクトとなっています。

また今回、個人の暗号資産投資家向けのサービスに加えて、『Aerial Data Management』のサービス提供に注力していくことに伴い、企業サイトの刷新を行いました。今後もデジタルアセットの活用において重要な、データ管理、財務会計・経営管理、そして監査等の総合的なインフラを提供してまいります。

この度のプレスリリースに際し、代表の沼澤がnote記事を公開しました。
『Aerial Partnersは仮想通貨の税金の会社ではありません、という話』
https://note.com/2nd_chick/n/nee41b520d976

サービス名の変更、及び企業サイト刷新の概要

【Aerial Data Managementについて】
■サービス名称
<変更前>『Gtaxエンタープライズ版』
<変更後>『 Aerial Data Management(略称:ADM)』

■サービスロゴ
<変更前>

<変更後>

■サービス名ならびにロゴ変更の影響
サービス名・ロゴデザインは変更となりますが、サービス内容、料金等に変更はございません。

【企業サイトの刷新について】

事業内容の更新等を行いました。
企業サイトURL:https://www.aerial-p.com

Aerial Data Managementとは


『Aerial Data Management』は、ブロックチェーン事業者を中心に、複雑な取引データの管理や、経理業務、経営管理フローを自動化・効率化するサービスです。

サービス提供時には、プロフェッショナルサービスとして、暗号資産の会計・税務に精通した専門家による内部統制のヒアリングを行った上で、管理フローを効率化するための提案も行っています。複数の管理モジュールの中から、自社の業務フローに沿った機能を追加することができ、社内の勘定系システムにかかる開発コストを抑えつつスムーズに導入することが可能です。

現在はブロックチェーンゲーム開発企業やNFT関連事業者、暗号資産交換業者を中心に導入が進んでおり、2021年度より、膨大な取引データを管理する同様のニーズのある証券・FX等の金融領域での活用も始まっています。

ブロックチェーン関連事業を行う事業者へのサポートを拡大中

当社ではブロックチェーン・暗号資産関連事業を行っている事業者様のバックオフィス業務の効率化を行い、本業に集中できる環境づくりのサポートを行っております。また、同様に他の領域の金融事業者様(証券・FX等)へのサポートも拡大してます。

『Aerial Data Management』の導入に限らず、データ管理や会計・税務などバックオフィス業務でお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

担当:株式会社Aerial Partners 広報チーム 萱沼
お問い合わせ先:contact@aerial-p.com

会社概要

■株式会社Aerial Partners
設立 :2016年12月
所在地 :東京都港区六本木五丁目2番1号 ほうらいやビル4F
代表者 :代表取締役 沼澤 健人
事業内容:
暗号資産損益計算ソフト「Gtax」の提供(個人・法人)
暗号資産確定申告サービス「Guardian」の提供
企業向けデータ管理システム「Aerial Data Management」の提供

URL :https://www.aerial-p.com/
Twitter : https://twitter.com/AerialPartners
Facebook: https://www.facebook.com/aerialpartners/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ