Com2uS、NFT 企業「ザ・サンドボックス」「アップランド」「ミシカルゲームズ」に投資!

GAMEVIL COM2US Japan

スマートフォン向けモバイルゲームをサービスしている株式会社Com2uSは、ブロックチェーンゲームを運営する「ザ・サンドボックス」(The Sandbox)、「アップランド」(Upland)、「ミシカルゲームズ」(Mythical Games)の3社に投資を行いましたことをお知らせします。

Com2uS、世界規模でメタバース市場を導く「ザ・サンドボックス」「アップランド」「ミシカルゲームズ」の3社にそれぞれ戦略的投資を実施
利用者がIPを再創造するメタバースビジネスの為に積極投資推進
市場影響力を持つパートナーと密に連携し、Com2uSならではのデジタル仮想現実生態系を創出

このたびCom2uSは、ザ・サンドボックス社、アップランド社、ミシカルゲームズ社に投資家として参画しました。
Com2uSは先だってアニモカ・ブランズ社とキャンディ・デジタル社などブロックチェーン技術を活用したNFT分野へ投資領域を拡張しており、メタバース事業への研究投資により力を入れていきます。

ザ・サンドボックス社はアニモカ・ブランズ社の子会社であり、ブロックチェーンとNFT技術を元に制作したメタバースプラットフォーム『ザ・サンドボックス』をサービスしております。
全世界で爆発的な人気を誇る『ザ・サンドボックス』は、利用者が直接プラットフォーム内で仮想通貨のサンド(SAND)を使い、まるで現実世界のような経済活動を行える完成度の高いメタバースサービスです。
「スヌープ・ドッグ」、「ウォーキング・デッド」、「スマーフ」、「ATARI」、「クリプトキティー」など全世界165個以上の有名ブランドやIPとパートナーシップを結んでおり、プラットフォーム内で発生した累積取引金額(Gross Merchandise Volume: GMV)は1億4400万ドルを超えました。

また、Com2uSは、不動産メタバースを運営するアップランド社にも戦略的投資を行いました。同社が運営する『アップランド』は実際の地図をもとに、建物や交通機関などを仮想現実で購入したり取引したりできる代表的なメタバースゲームです。
所有している不動産を活用し、賃貸収入や交通収入を得て、再投資やNFTを通して価値を上げるなど、リアルな不動産経済システムが特徴です。
現在取引ができる地域は北米の一部都市だけですが、今後世界各地のマップの追加も予定しています。

ミシカルゲームズ社は、自社で開発した「ミシカル・エコノミック・エンジン」と「ミシカル・マーケットプレイス」によるプラットフォームを通して、利用者がゲーム内で自分だけのNFTを作り取引できる環境を提供しております。
これらのプラットフォームを元に制作したパーティーゲーム『ブランコス・ブロック・パーティー』をサービスしており、さまざまなアーティスト及びグローバルブランドとのコラボレーションを行い、高い価値のNFTを創出しP2E(Play to Earn)分野でも注目を集めております。

Com2uSは、ゲームはもちろん様々なコンテンツを、メタバースを通して提供し、利用者がNFTを活用し自分だけのIPと財貨として再創出できる次世代仮想現実ビジネスの為に、積極的な投資戦略を広げています。
すでに市場のトップランナーである有望企業と緊密な協力を通して、ブロックチェーン技術とメタバースを基盤に、コンテンツ産業においてCom2uSならではのメタノミックス生態系を作っていきます。

▲Com2uS CI & ザ・サンドボックス CI


▲Com2uS CI & アップランド CI


▲Com2uS CI & ミシカルゲームズ CI
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ