Branding Engineer、企業と世界のエンジニアが繋がるWeb3.0特化の求人サービス。スカウトでトークンがもらえるGuildersの事前登録を開始

株式会社Branding Engineer

株式会社Branding Engineer(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:河端保志、代表取締役COO:高原克弥、証券コード:7352、以下Branding Engineer)は、ブロックチェーン技術を使ったHRTechサービスとして、Web3.0ジョブネットワーク「Guilders(α版)」(https://guilders.work/)の事前登録受付を開始することをお知らせいたします。


Guilders(https://guilders.work/)は、エンジニアがグローバル・ボーダレス・パラレルなキャリア形成を行う、Web3.0時代の働き方を作るプラットフォームです。
プラットフォーム基盤にもブロックチェーン技術を用いることで、ブロックチェーン・暗号資産・メタバースといったWeb3.0業界だけでなく、既存の採用サービスの課題の解決も目指しています。

昨今では人材採用や転職活動においてスカウトサービスの利用が一般的となりましたが、転職先に困らない優秀な人はスカウトが増えすぎることを嫌って積極的に利用せず、仕事に困っている人ほどプロフィールを詳細に記載する傾向があるといった課題があります。

また、コロナ禍の後押しによって世界中でリモートワークへの転換が大幅に進行し、時間や場所にとらわれない自由な働き方が求められるようになってきております。
リモート・非同期なワークスタイルの浸透により副業や遠隔地の企業への関心が高まることで、日本にいながら海外の企業で働くといった事例も増えつつあり、今後は日本人の海外企業就業とともに、国内企業による海外人材のリモート雇用も増えていくものと思われます。

Web3.0業界では特にこの傾向が顕著であり、フルリモート・グローバルを前提とした採用が盛んである他、最近では「ConstitutionDAO」がアメリカ合衆国憲法の原本のオークション落札を目的に、わずか1週間ほどで約45億円分の暗号通貨を集めるなど、DAO(自律分散型組織)と呼ばれる有志コミュニティによる大規模プロジェクトが成果を収めています。
しかし、日々数多くのプロジェクトが新設され、中には悪意を持って設立されたものもあるため、優良なプロジェクトを自分自身で見つけることは非常に難しいのが現状です。

Guildersでは業界特化のチームによって国内外の有望Web3.0プロジェクトの求人情報を収集、今までにない仕事の機会を提供することで、世界中のエンジニアの新しい働き方をサポートしてまいります。

さらにスカウト送付時に企業が支払った費用を、スカウトを受けた登録者自身が受け取れるようにすることで、従来の採用市場で評価の高い利用者に対し新たな収益機会を提供します。
これにより誰もが最新の情報を掲載することへのインセンティブを生み出し、人材がより正しく評価されるプラットフォームを目指します。

拡大するWeb3.0分野をエンジニア人材の面から支援し、今後Web3.0とともにやってくるであろうDAOの時代において、さまざまなプロジェクトの立ち上げやチーム組成のインフラを構築するための第一歩として、Guildersティザーサイトの公開と先行登録の受付を開始します。
また、後日リリースするα版サービスに向け、求人掲載を行う企業の募集を行います。

ティザーサイト:https://guilders.work/


■Guildersの特徴
・質の高い求人とハイスキルエンジニアが集まる採用プラットフォーム
Web3.0・ブロックチェーン・メタバース分野は高い相互依存性を持ちながらそれぞれ高速で成長しており、人材ニーズは日々高まり続けています。
特にエンジニアに対するニーズは高く、各社積極的に採用活動を行っています。
しかし現時点では採用プロジェクト側、求職者側の情報が散在しており、双方ともに非効率な活動を強いられているのが実情です。
具体的には求職者にとっては、信頼性の低いものを含めて日々さまざまなプロジェクトが立ち上がるため、非常にリサーチコストがかかってしまうという課題があります。
一方採用担当者にとっては、効率的に求職者にアプローチする手法が不足しており、SNSのDM等でのスカウトが多数行われています。
Guildersでは、信頼性や将来性の高いプロジェクトの情報を集中的に掲載することで、エンジニアの仕事探しのコストを下げるとともに、最先端技術に対する関心の高いエンジニアを集客し、より効率的に採用情報を届けることができるプラットフォームを構築します。

・ブロックチェーン技術を用いたサービス利用インセンティブ設計
昨今ではスカウトサービスが普及し、採用候補者に向けてダイレクトスカウトを行うことが一般的になってきています。
各採用担当者が人材を探している一方で、ハイスキル人材はスカウト受信数が多すぎることを理由にサービス利用を停止してしまうケースもあります。
Guildersはブロックチェーン技術を用いることで、スカウト受信時に暗号通貨などのトークンを受け取れる仕組みを構築し、スカウトを受け取ること自体にインセンティブを作り出すことを目指します。
ハイスキル人材のサービス利用を促すとともに、スキルアップや登録情報の更新など、各ユーザーの積極的なサービス利用につなげる計画となっております。

・エンジニアのスキル評価指標の提供
採用時のエンジニアの能力評価においては、スキルテストの実施やGitHubの確認など、各社さまざまな工夫をされていますが、各言語の経験年数で採用要件を設定することが一般的になっております。
加えて、業務の専門性が高いことにより、エンジニア以外にはエンジニアの評価を行うことが事実上できないのが現状です。
Guildersは開発スキルを見極めるための参考となる各種情報を収集・提供し、より詳細な人材フィルタリングを可能にします。
また、スキル指標情報をNFTとして発行することにより、スカウト受信時のトークン獲得量の変動、NFT保有者限定コミュニティや限定募集など、ユーザー向けに幅広い展開を行ってまいります。
さらにトークングラフ(ブロックチェーン上の行動データ)を活用し、特定のブロックチェーンサービス(コントラクト)の利用経験をフィルタ条件とするなど、Web3.0業界ならではの、柔軟性の高い機能の提供を目指します。

・Branding Engineer初のグローバル事業
Branding Engineerは創業以来エンジニア人材や開発支援を主な事業として行ってまいりましたが、時価総額1000億円という中期目標に向けて、より大きな成長を達成するため、本事業は日本国内に限ることなく全世界で展開していく方針です。
本事業はBranding Engineerにとって既にノウハウのある事業領域であるというだけでなく、Midworksなどの既存サービスの利用者に対して、新たな業務機会を提供することにもつながるものと考えております。
時間と場所を選ばずに働くことができるだけでなく、より報酬の高い海外企業の業務を行うことで収入を増やすなど、エンジニアの働き方の選択肢を大きく広げることができます。

■掲載求人の募集について
本事業開始にあたり、求人を掲載していただくパートナー企業を募集しております。
人材採用に限らず、ご相談に応じてプロジェクトの認知拡大も含めて可能な限りの連携を行っていきたいと考えております。

パートナーシップに関する問い合わせ先
メール:guilders@b-engineer.com

■Branding Engineerとは
2020年7月7日(火)に東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場。
「エンジニアと共に、未来に革命を。 」をメッセージに掲げ、「Midworks(https://mid-works.com/)」「TechStars Agent(https://techstars.jp/lp/agent/)」「tech boost(https://be.tech-boost.jp/)」等、ITエンジニアのキャリアライフをサポートする様々な事業や、「Mayonez(https://mayonez.jp/)」をはじめとするメディア事業を展開。
時流にあった新しい働き方の創出やサポートを通じて、あらゆるエンジニアが、自身の、また社会の可能性を信じ、価値創出していける未来実現のためのプラットフォーマーを目指しています。
現在では、デジタルマーケティングコンサル「SAKAKU(https://b-engineer.co.jp/sakaku/)」をはじめとする企業のDX推進をサポートするクライアントソリューションにも注力、事業領域を拡大しています。

フリーランス独立支援サービス Midworks『リモート案件特集公開中!』
https://mid-works.com/
IT・ゲーム業界に特化した転職支援サービス TechStars
https://techstars.jp/lp/agent/
初心者から始められる、オンラインでも充実サポートの実践型プログラミングスクール tech boost
https://be.tech-boost.jp/
デジタルマーケティングコンサルサービス SAKAKU
https://b-engineer.co.jp/sakaku/
IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン Mayonez
https://mayonez.jp/
スマホで軽く叩く、気軽に見られるビジネスサイト Tap-biz
https://tap-biz.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ