【資本業務提携】NFT販売サービス「HEXA(ヘキサ)」はクラウドサーカス株式会社との提携によりNFTを活用した新規サービスの立ち上げ・開発の支援を開始します | メディアエクイティ株式会社

メディアエクイティ株式会社

メディアエクイティ株式会社は、スターティアホールディングス株式会社(銘柄コード:3393)の子会社であるクラウドサーカス株式会社と資本業務提携を行うことを決定致しました。

NFT発行・販売サービス「HEXA(ヘキサ)」を運営するメディアエクイティ株式会社(代表取締役:椛島 誠一郎)は、デジタルマーケティングSaaSの開発・販売及び、デジタルマーケティングに関するコンサルティング・受託業務を行うクラウドサーカス株式会社(代表取締役CEO:北村健一)と資本業務提携を実施することで、法人様のNFTを活用した新規サービスの立ち上げや開発の支援を開始します。

■資本業務提携の目的
メディアエクイティ株式会社の運営するHEXA(ヘキサ)は、日本発のNFT発行サービスとして、与沢翼氏の約1,041万円のツイートNFT発行・販売実績をはじめ、国内有数のNFT発行実績を有しています。また、2021年10月には株式会社フルスピード(銘柄コード:2159)グループの子会社である株式会社フォーイットからの第三者割当増資を受け入れ、資本業務提携も実施しております。HEXAではツイートなどのSNS投稿だけでなく、画像や動画はもちろん、音声データや3Dデータなど多くのデジタルコンテンツのNFT化が可能です。さらに、イーサリアムブロックチェーンやPolygonブロックチェーンなど、世界的に利用され続ける信頼性の高いブロックチェーンを複数採用し、独自のなりすまし対策の技術などを取り入れております。

クラウドサーカス株式会社では、2009年設立以降、クリエイティブ企業へ提供する電子ブック作成ソフト「ActiBook」(大手出版社を中心に約7,700社以上の採用実績あり)の開発・販売を開始し、現在はAR制作ソフト「COCOAR」「LESSAR」や、ソフトで作成したデジタルコンテンツを活用したイベントの企画支援を行うなど、企業のマーケティングを支援する合計10種類のソフト及びソリューションの開発・提供をおこなっております。

今回の資本業務提携により、メディアエクイティ株式会社のブロックチェーン及びNFTに関する技術と、クラウドサーカス株式会社のソフトウェア開発の技術・サービス設計のノウハウを融合し、法人のお客様向けに、ブロックチェーン及びNFTに関する技術を活用した新規サービスの提供を行うことで、お客様の収益強化を支援してまいります。

■NFT発行サービス「HEXA(ヘキサ)」とは
HEXA(ヘキサ)は、だれでも簡単にツイートやイラスト・画像作品などのNFTを発行して販売できる実績豊富なサービスです。NFT購入者は名前とツイッターリンクを保有者欄に設定することができるため、NFT発行者に保有者として認知してもらえるだけでなく、ファンコミュニティの中でも自分が買ったことを証明することができます。さらに、HEXA独自のなりすまし対策の仕組みを導入しており、発行者・購入者双方にとって安心して利用できるサービスとなっています。また、日本円で簡単に購入・入札でき、仮想通貨やブロックチェーンに知見のない方でも気軽に参加できるサービスとなっています。

NFTとは https://hexanft.com/whatsnft/
NFT発行申請(簡単30秒) https://nft.hexanft.com/issue
サービスページ https://hexanft.com/

■公式ページ
クラウドサーカス株式会社 https://cloudcircus.jp/
メディアエクイティ株式会社 https://mediaequity.jp/

本件に関するお問い合わせ
メディアエクイティ株式会社 椛島(カバシマ)
TEL:03-6822-4497 MAIL:info@mediaequity.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ