OVOとYooShiがパートナーシップ提携を発表!OVOが発行したNFTのGameFi応用を検討

Dao Chain Investment Management Limited

OVOとYooShiがパートナーシップ提携を発表!OVOが発行したNFTのGameFi応用を検討

日本で人気のNFTプラットフォームOVOとGameFiプロジェクトとして有名なYooShiがパートナーシップを提携した。OVOはメタバース、GameFi等のプラットフォームにNFT化したIPコンテンツを導入する。一週間前に公表した「メタバース構想」(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000081996.html)に続き、今回はYooShiとのパートナーシップを通してGameFiプラットフォームへのNFT導入を検討中。一方、YooShiはOVOとの提携をきっかけに、DNAxCAT、StarMon等のGameFiを日本で展開する予定だ。


YooShi
 YooShiは2021年5月からサービスを開始しており、初期段階はMemeコインとして登場。その後、NFT+GameFiインキュベーターおよびP2E ALLIANCE、GameFiメタバースプラットフォームへと発展した。YooShiのGameFiエコシステムは大きく三つの領域に分けられる。

Play-To-Earn:YooShiGamesは、主にGameFiLaunchPad、NFT MarketPlace、NFT Mining、FarmsとImYooShi Wallet等のサービスを提供。
ゲーム・インキュベーター(YooShiLabs):ゲーム開発者向けにGameFiシステムのデザインと技術的サポートを提供。
P2E ALLIANCE:YooShiは世界中のGameFiコミュニティと共同でP2E ALLIANCEを結成しており、低収入層の人々がPlay-to-Earnを通して収入を増やせるようサポートすると同時に、ユーザー数を増やすことを目的としている。

OVO
 OVOプラットフォームはBSCとFlowおよびその他のマルチチェーンに対応するNFTプラットフォーム独自に構築したDCIM(版権二重確認システム)を基に、IPコンテンツに対応するNFT発行、取引、フィンテック(FinTech)サービスを提供している。

NFT発行(予約販売、ガチャ、オークション)機能、合成機能、NFTマイニング、クリエイターソーシャル機能等を提供・開発。特にDCIM(版権二重確認システム)は、IPホルダーとクリエイターとの書面契約をスマートコントラクト上に書き込んで著作権関係のNFTを発行し、それを基にIPコンテンツのNFTアートを発行する「二重レイヤー」の仕組みである。そのため、合法的にNFTアートの所有権および著作権問題を解決することができる。

OVO×YooShiのパートナーシップ提携に関する詳細は次の通りである。

 ■OVOとYooShi上に発行されたNFTの相互運用。
 ■メタバース専用アバターの作成。
 ■OVOはYooShiにオークションおよび合成等の機能を提供、およびIPコンテンツのエコシステム構築に協力する。一方でYooShiはOVOにGameFi等の機能を提供。現在OVOで発行しているにゃっちーず4★NFTカードをYooshiに導入することを検討している。
 ■二次流通市場を共同で構築。

 今回のOVO×YooShiのパートナーシップ提携は、OVOエコシステム構築およびNFTのユースケース拡大に大きな進展をもたらすと見込まれる。将来的にOVOはより多くのメタバース、GameFiプロジェクトと提携し、徐々にバーチャル世界と現実世界を繋ぐ中心的な役割を果たしていく予定だ。

「OVO BSCチェーン公式サイト」:https://ovobsc.ovo.space/#/
「OVO Flowチェーン公式サイト」:https://www.ovo.space/#/
「OVO公式ツイッター」: https://twitter.com/ovo__officia
OVO公式ラインオープンチャット(JP)」https://bit.ly/2XjJ9jB
「YooShi公式サイト」:http://www.yooshi.io
「YooShi公式ツイッター」:
https://twitter.com/yooshi_official
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ